平塚市でイクボス研修フォローアップ研修

平塚市役所の担当長を対象にしたイクボス研修を行いました。

平塚市は神奈川県内初のイクボス宣言をした後、平塚市イクボスプロジェクトで庁内の浸透と市内事業者への展開を図っています。私も、課長・担当長を対象にしたイクボス研修をこれまで行ないました。

今回のイクボス研修は午前と午後のダブルヘッダー。午前は、イクボス・フォローアップ研修。午後は新任担当長と未受講者を対象とした通常のイクボス研修です。

フォローアップ研修は、過去にイクボス研修を受講したものの職場で宣言をされていない方を集めて行われました。

イクボス宣言はあくまで手段であり目的ではありませんが、あらためて趣旨に納得いただき、100%宣言していただくことを本研修の狙いとしました。

研修は対話形式で行いました。それぞれの事情をお聞きすると、たしかに厳しい職場環境がありました。

人手が足りず、育休や病欠者がいるなかで、ギリギリでやりくりしている様子が伝わりました。管理者の心情として、イクボス宣言ができる状況ではないと。

しかし、私はそれらの意見を肯定的に捉えました。問題意識を持っていることが素晴らしい!改革や改善は、問題意識がなければ始まらない。

やりとりしながら、いくつかヒントを伝えました。そのなか、ストレスマネジメントの方法を伝えて納得いただけた方が数名いました。

問題をコントロールできること/コントロールできないことに分け、
コントロールできることに集中する

自分自身が宣言し、行動することは自分でコントロールできる範囲内にあります。受講者全員が宣言することに前向きになり、講師の役目を何とか果たすことができました。

午後は通常行なっている二時間のイクボス研修でした。ここで学んだイクボスの極意を、ぜひ職場で実践されることを願います。

イクボス100%のプレッシャーは掛けさせていただきました。フォローアップ研修を再びしなくても済むように願いつつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です