法務省「組織と人材育成」

霞ヶ関1丁目1番地にある赤レンガの建物。法務省です。

法務省の研修プログラムで、今年度から何度か登壇しています。

今回は、管理職の方を対象に「組織と人材育成」の三時間研修。
写真は、地下鉄「霞ヶ関駅」の構内にあるドトールで待機中に。

いつもは「管理論」のお題で、キャリアデザインやワークライフバランスのセルフマネジメントを扱います。

今回は初めての講演でしたが、私自身の本当のテーマは「人材育成」なのでした。

「人材育成は<理論>と<持論>がある」とお伝えし、理論の紹介と、持論(自論)の整理を行いました。

レジュメの一部抜粋です。

組織に関しては「心理的安全性」を中心に話しました。

コーチングやフィードバックなど人材育成を行う上でのスキルはあります。

でも、その土台に上司部下の信頼関係や、学習する組織風土がないと上手くいきません。

心理的安全性は、そうしたことを理解するのに便利なワードです。