法務省「管理論」

霞ヶ関1丁目1番地。
赤レンガの建物の法務省に、今年度はたびたび伺っています。

中期・長期の研修会の一コマ、3時間を担当する形で研修を行なっています。

法務省の職員の方々は優しい方ばかりで、役職が高くなると人格者の印象があります。

今日は、「管理論」のお題で三時間研修を行いました。

「管理論」の響きは堅いですが、なるべく楽しく、自分ごとで学んでいただけるように工夫しています。

管理論の研修は通常、チームマネジメントの話題になりますが、あえてセルフマネジメントを最初に扱います。

自分自身の生き方を考えるため、人生を「太陽」に例える演習などを行います。

チームマネジメントは「心理的安全性」の話題にします。

ほかの研修が講義形式が多いなかで、参加型の進め方が毎回好評です。

今回も時間ぴったりで終えると、スタンディングオベーションの拍手で送り出してくれました。